[77.1mm]滋賀の凄い奴

♂ 77.1㎜、滋賀県栗東市

標本DATA

【種類】  ミヤマクワガタ Lucanus maculifemoratus ♂ 

【サイズ】  体長77.1㎜ 頭幅20.1㎜

【採集場所】滋賀県栗東市

【採集日時】2004年6月28日

【採集方法】Looking採集

【採集者名】J. M.

先日のこと…

HIRO, don’t stick your nose in my business!

JOKE混じりにアメリカの友人から返されました。

日本語に訳すと…

「私の仕事に首を突っ込まないでくれる!」

「出しゃばらないでほしいんだけど!」

とこんな感じです。

日本では「首neck」なのに、アメリカでは、なんで「鼻nose」なんだろう。

以前、アメリカの友人にこの質問を投げかたことが思い出されました。

その返答が…

「おそらく私たち西洋人は鼻の高い人が多いからなんじゃない!」って…妙に説得力があって納得はできましたが、なんか…腹立ちました(苦笑)

さて、クワガタに話を戻しまして、クワガタの鼻ってどこにあるかご存知ですか?このMuseumは、かなり知識のあるProfessionalな方々も見て頂いているようですので、そんな方には簡単な質問だと思います。どうぞお付き合いください。

答えは、人間と同じような鼻はないのですが、臭いを感じ取る鼻の役割を果たしている部分があります。それは触角(口髭もかな…)です。ミヤマクワガタの触角をよく見て下さい。触角の先が4つに分かれてクシ状になっています。これで食べ物の香りやメスの匂いを感じ取っています。是非、今年の夏に生きたクワガタの触角を観察してみて下さい。細かく動かして、何かを感じ取っているのがわかると思います。最愛の女性(メス)に対するときは、なんと優しく触れていることか!メスを優しく撫でるように、見ている私でさえ、メスに対する溢れる愛情が感じられます。ほんとに微笑ましいです。

さて、本個体を見て下さい。大アゴの伸びはそれほどでもないのに、77ミリ越えの特大ミヤマクワガタです。こんな個体は10年に1度、出会えるかどうか!だそうです。また、左アゴの内歯が1本多いためか雰囲気(顔)が違って面白いと思います。滋賀県内で採集された最大クラスOld Correctionになります。

Contributed by HIRO

2024 April

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

[72.7mm]Pさんとの思い出ミヤマ

[62.3mm]この地域らしいフォルム!

関連記事

  1. [72.0mm]千葉県の貴重な70ミリUP

    標本DATA【種類】  ミヤマクワガタ Lucanus maculife…

  2. [76.0mm]福岡市の最大クラス

    標本DATA【種類】  ミヤマクワガタ Lucanus maculife…

  3. [72.0mm]2022年のトップ4  Part…

    標本DATA【種類】  ミヤマクワガタ Lucanus maculife…

  4. [72.6mm]私のCassiopeia Col…

    標本DATA【種類】  ミヤマクワガタ Lucanus maculife…

  5. [75.0mm]もう一つ福島県の立派なミヤマ

    標本DATA【種類】  ミヤマクワガタ Lucanus maculife…

  6. [72.2mm]2022年のトップ4 Part …

    標本DATA【種類】  ミヤマクワガタ Lucanus maculife…

  7. [64.2mm]最北?のミヤマ

    標本DATA【種類】  ミヤマクワガタ Lucanus maculife…

  8. [72.1mm]落ちたのに逃げきれず!

    標本DATA【種類】  ミヤマクワガタ Lucanus maculife…

PAGE TOP
Translate »