[75.8mm]北海道も暖かくなっている!?

♂ 75.8㎜、北海道檜山郡上ノ国町

標本DATA

【種類】  ミヤマクワガタ Lucanus maculifemoratus ♂

【サイズ】 75.8㎜

【採集場所】北海道檜山郡上ノ国町

【採集日時】2020年8月8日 9:00

【採集方法】Looking採集(ハルニレ)

【採集者名】Toshimitsu SUGAWARA

北海道南部(道南)はミヤマクワガタの大型産地として知られています。昔は採れるミヤマのほとんどはエゾ型だったそうですが、ここ10年ほど第一内歯がド~ンと突き出るフジ型個体が見られるようになってきた。これは完全なフジ型です。採集者の菅原さん曰く、このような典型的なフジ型個体の採集数は、まだまだ少なくワンシーズンで数頭採集できるかどうか? 20年前は殆ど見られなかった歯型ですので、Climate Change(気候変動)の影響を間違いなく受けていると思われます。

この個体は太い!頭幅は21.5ミリもあります。

75ミリUPで、ここまで太い個体はなかなか採れないそうです。

ミヤマクワガタは、体長も大事ですが、頭(冠)幅を気にされる方が多い…みんな太めが好きなんです…笑

良く見ると、左大アゴの第一内歯の先が欠けています。同サイズの特大ミヤマと戦って欠けたのだろうか??私はそんな想像を巡らすのが好きです。

傷があったほうが、格好良く感じます。

8月8日に採集された…涼しい北海道でもミヤマのシーズンは終盤です。ただ、この年は7月に雨が多く気温も低めだったこともあり、8月に入ってからも、かなりの数のミヤマを確認することができたそうです。

生き物たちの発生時期は、毎年、一緒ではありません。身近な生きものだと、アブラゼミの初鳴きが昨年と比べると1週間以上遅くなっていたり…。

そうか今年は、雨が少ないからだな!なんて、その理由を推測するのも楽しいものです。

身近な生きものの動きを気にすると、いろんな気付きに結びつきます。

私は、生きものたちのおかげで、人生を豊かにしてもらっています。

是非、皆さんも!

Contributed by HIRO

2023 September

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

[72.6mm]私のCassiopeia Collection最大ミヤマ

[62.8mm]ギザギザが少ないヒラタクワガタ

関連記事

  1. [76.0mm]大分県の特大ミヤマ!

    標本DATA【種類】  ミヤマクワガタ Lucanus maculife…

  2. [82.0mm]ギネス級のミヤマクワガタ 

    標本DATA【種類】  ミヤマクワガタ(ギネス級)♂、飼育個体(WF2)…

  3. [71.5mm]福島のミヤマは7cmをなかなか超…

    標本DATA【種類】  ミヤマクワガタ Lucanus maculife…

  4. [75.1mm]なかなか渋い老齢なミヤマクワガタ…

    標本DATA【種類】  ミヤマクワガタ Lucanus maculife…

  5. [73.6mm]佐賀のオオクワガタが採れる場所で…

    標本DATA【種類】  ミヤマクワガタ Lucanus maculife…

  6. [71.8mm]家の網戸に!

    標本DATA【種類】  ミヤマクワガタ Lucanus maculife…

  7. [72.0mm]2022年のトップ4  Part…

    標本DATA【種類】  ミヤマクワガタ Lucanus maculife…

  8. [72.1mm]落ちたのに逃げきれず!

    標本DATA【種類】  ミヤマクワガタ Lucanus maculife…

PAGE TOP
Translate »