[67.7mm]野外産の特大湾曲オキノコ!

標本DATA

【種類】  アマミノコギリクワガタ(沖縄亜種) Prosopocoilus dissimilis ♂

【サイズ】 67.7㎜

【採集場所】沖縄県宜野湾市

【採集日時】2022年6月26日 0:00

【採集方法】Looking採集(タブ)

【採集者名】S. I.

野外で採集した個体としては、超特大のオキナワノコギリです。

Iさんのお子さんが昆虫好きになったのをきっかけに、採集を始められたそうです。

良いですね。

オキナワノコギリは、60ミリ以上が採れれば嬉しい。サイズが1ミリUPする毎に採れなくなり、65ミリ以上はなかなかお目にかかれません。

Iさん曰く、私はそんなに採集が上手いわけでもないので、本個体のような、67ミリクラスは、1~2年に1頭ぐらいしか採集できないんですよ…と…。

いやいや、このクラスは、10年以上、採集に通っても採れない人はたくさんいるかと思います。1~2年に1頭採れるなんて凄いです。ほんとに。

採集されている方々にお話を聞くと、特大個体を狙うなら、タブノキなどの樹液周りが良いようです。この特大個体もタブノキで採集されています。

Iさんのとっておきの場所なんでしょうね。

大きさに関係なく、とにかく数をたくさん採りたい方は、シークァーサーなどのミカン畑が良いと聞きます。1本のシークァーサーに30匹以上、鈴なりになっていることもあるそうです。

もしミカン畑にトライしようという方は、ちゃんと所有者(農家)に、一言、お伝えしてから採集して下さいませ。マナーが大切です。

それとハブに気を付けて下さい。近年、ハブ(ホンハブ)を絶滅危惧種に入れても良いのでは?という声が沖縄在住の友人から聞かれます。ただ、減ったとは言え背の低いミカン畑で採集するときは気を付けて下さい。目の前にハブがぶら下がっている可能性もありますので。

それにしても、この個体は素晴らしい。

大きさも凄いのですが、大アゴの湾曲が美しい!オキナワノコギリでは最高に曲がっている個体です。そして、ボディの赤が美しい。シャア専用ですな。

私は赤いクワガタに魅かれるようです。黒と赤なら、だんぜん赤です。

カブトムシもそうです。黒と赤なら、間違いなく「赤カブ」でございます。

Contributed by HIRO

2023 September

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

[66.0mm]大アゴは直線的!

[70.1mm]オキナワノコギリは格好良い Part 1

関連記事

  1. [70.1mm]オキナワノコギリは格好良い Pa…

    標本DATA【種類】  アマミノコギリクワガタ(沖縄亜種) Prosop…

  2. [71.8mm]オキナワノコギリは格好良い Pa…

    標本DATA【種類】  アマミノコギリクワガタ(沖縄亜種) Prosop…

  3. [66.0mm]大アゴは直線的!

    標本DATA【種類】  アマミノコギリクワガタ(沖縄亜種) Prosop…

PAGE TOP
Translate »